魔女子との出会い

30歳の時、まだ独身で管理職になり施設を立ち上げていた

この仕事が自分のなかでの黒歴史、思い出したくない

いつか書くかもしれないが、寝ずに休まず働いていた

大会社の幹部にプレゼンしたり、論破したり、看護の幹部に半沢直樹並みに

直訴したり、上司をリストラしたり・・・

多分、周囲に何だ!あいつ!?と噂されていたと思う

私も、もちろんしたくはなかったが、やれる人がいなくて仕方なく

やるしかなかった

前の職場の上司が、私の経歴に傷がつくと職場を離れて異動してきて

くれた。前の職場のスタッフも大変な中、私を助けるために上司を

送り出してくれた。

その人は、とても優秀な人で尊敬していた。ターミナルの人に寄り

添いたいという夢も知っていたが、助けにきてくれた。

頭があがらない。

仕事の話はいいとして、ま、何とか形に出来て軌道に乗せる

ことができたのですが。とどのつまりは気づけば、心身共にボロボロに

なっていた。

家の状況も改善していなかった。バイトしてなるべく沢山仕送りし

ていた。

本当に疲れているとき、疲れている自覚がない。

目の前に起きてきた問題にただひたすら取り組んでいた

どうやって、この状況を打破していいか見つからないでいた。

友達から7年ぶりに突然電話があった

数日前に、私が面接して落とした人が、私の友達と学生時代の同級

生で面接で友達の話になった

その落とした相手が友達に連絡したようで、電話をくれた

落としたのは悪いとは思ったが、友達に正解だと言われた

その人は友達と私を引き合わせる役だったのかも、ありがとう

久々に会ったのに、私は友達に引き抜きの話ばかりしていた

友達が引越しをするからと、私は友達の家の床と壁を直しに行った

吉祥寺ですぐ近くに住んでいたが、一度も会わなかった

そして、また引越しをする

その時、魔女子の話をされた

西荻の有名なのらぼう(のちによく通う店に)の前に

亜細庵と言う怪しいお店があった

友達はそこによく通っていた

魔女子はその店の隅にいつも座っていた

友達がいつものように楽しく飲んでいると、その魔女子が

動き出し、「ごめんね~、あなたのお腹全然動いてないから

ちょっと見てもいい?」と言い、

腰の周囲に手をかざすと,キュ~ルルルルル~と突然激しく

動き出し、3日間下痢だったと。

友達は超代謝が悪く、1週間便がでないのは普通で、尿の回数も

少ないのだ。それは昔からで。今、魔女子の所に通っていると話した

私はすぐに「教えて、すぐ行く」と言った

西荻のマンションの一室で施術していた

部屋に入ると、何だ、この空気と思った

初めての場所は苦手だったがそこはリラックスできた

その人の本職はジュエリーデザイナー。自身が目のガンで自分で

氣でガンを治したそう。

守護霊や前世をみたり,除霊などもしていた

迎え合わせで座り,氣で見ながら私の悪いとこを言われた

ただ、はーと言うだけでそれがそうなのかは私には分からなかった

別室に移り、うつぶせに寝て施術が始まった

「じゃ、始めるねー、宜しくお願いします」と背中のマッサージが

始まった途端、気持ちよすぎて、眠くなった

タダのマッサージでなく、氣を入れながらのマッサージだった

元気になれるかも!そう思えた

最後に沈静。大量に氣を送っているらしい。

みんな寝るらしいけど、私は寝なかった

その晩は久々に爆睡した、というより家に着いた途端、フラフラで

朝までそのまま寝ていた

週に一回通うようになった

初めの2~3か月は喘息が酷かった。体の中に溜まっていた毒素が

出始めた。

1年後、急に顔中に酷い真っ赤な湿疹が大量に出て、ジュクジュク

して黄色い浸出液が出て、ものすごく痒かった

して黄色い浸出液が出て、ものすごく痒かった

職場で「どうしたの?何かにかぶれた?」と険しい顔をされた

私はこれまでに顔が荒れたことはなかった

ニキビもできたことがない

にもかかわらず、初めてケロイドのようになった

とにかく痒くて何もできない、と魔女子に言うと

「うーん、1か月くらいすれば消えるから、めぐちゃんがーんば」

と言われた

えー、血まみれになるくらいかきむしりたいのに・・1カ月・・

電車や外を歩くとみんなが見ていた

それはいいとして、とにかく痒かった

1カ月経つと、湿疹が徐々に徐々に消え、本当に跡形もなく消えた

どんだけ、毒素ためてたの?私・・

排毒はまず、上部から。それが出たら段々下の層に行き、

最後、奥深くにあった強烈な毒素が出る

強烈だった。もう溜めたくない

ただ、魔女子は塩と水の大切さは語ったが特に食事については

何もなかった

真弓先生やのんちゃんの考えに出会うまでにその後、10年以上の

歳月を要した

でも、排毒の必要性と実体験は強烈に自分に残っている

それから、自己管理法を追求する旅に出るのである

この頃は、体調が悪くなると魔女子のところに行っていたが、

私は、自分で治す方法が、管理できる方法がきっとある、

それが知りたいと思っていた

それが食事なんじゃないか、とも考えていた

真弓先生やのんちゃんに会うまでは、色々な食事を試した

でも、今一つ力のある効果はみられなかった

それから、私はすっかり元気になり、人に食べることで元気に

したいと思うようになった

働きながら、調理師学校の夜学に通うようになった

それから仕事を辞め、2年間程、料理の仕事をした

調理師学校に行き始めたころ、久々に魔女子のところに

行った

沢山のパワーストーンが飾られ、雰囲気が変わっていた

私は以前と同じ値段だったが、料金が上がっていた

魔女子はひたすら一方的に自分の話をし、施術が20分程と

短縮された

周囲に神格化され始めていた

ここも、もう卒業だな、と思った

めぐちゃんのことはソウルメイトだと思ってると言われた

違うと思うよ、前の感じがよかったのに・・私は心の中で言った

それ以来、魔女子とは会っていないけど、排毒の感じと氣が入る感

じ、癒される感覚はしっかり残っていて、その後の判断基準に繋が

ってると思っている

作成者: migu.johno7070@gmail.com

4月から、静岡県のウッドハウスおろくぼの管理人、料理を担当しましたが、色々あり、3ヶ月ちょっとで卒業。管理人の手伝いをしながら、また、看護師で働いてます。丹田を意識した呼吸をすることがやっぱり1番大事だな、と思う日々。生活の支出を見直し続け、お金のかからない暮らしを追求中。自分で必要な分だけ稼ぐ生業作りの旅に出てます。音楽、漫画、米粉パン作りが好きです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA