意識に落とし込む

4年前,タイの洞窟で遭難事故があった。

13人の少年と25歳の青年のサッカーチームの集まりを

洞窟でやっていたところ、大雨による洞窟内の増水で

出られなくなった。

入口から4㎞、山頂からも同じくらい距離のあるポイント

掘削は崩れる恐れがあり、吸水作業もさほど効果がなかった。

その救出劇も素晴らしかったのだが、

私は、食べ物も飲み物もなく、排泄はそこらへんで、そして

かなり酸素量が薄い状態になっていたのに、全員元気に救出

されたことに驚いた。

残念ながら、ダイバーの一人が殉職されたが、救出中ではなく、

洞窟内で感染症になったためとのこと。

子供たちは、感染症になることはなかったという結果だった。

2週間近く、飲まず食わずで感染症にもならず、PTSDになったかは

不明だが救出直後はなっていなかった

驚いたし、不思議だった。一体、どうやって中で過ごしていたのか

中で、彼らは瞑想して過ごしたという。

25歳のリーダーをしていた青年は、かつて住職の修行をしていたこ

とがあったそうで、洞窟内で少年たちに瞑想のリードをしていたと

いうことだった。

衝撃だった。看護学校で習っていたのと違う状況。

2週間、食べ飲みしなくても、衰弱するわけでなく、元気でいられる。

生きられる。

何が違うのか・・・

不食で何十年も生きている人がいる。当時で、すでに世界に3万人以上いると

言われていたから、今はもっと増えていると思う

日本にも有名な人が3人、私の中では5人いる。

実際に会ったこともある。

人によって、飲み物は少量のむとか、全く食べ飲みしないとか

さまざまだが、含めたとしてもほぼ不食と言っていい人が

世の中に沢山いるのだ

そういう人が、有名な人以外にも日本にも結構いるらしい。

人によって、太る人、痩せる人さまざまなようだが、

共通することは、全員エネルギーに満ちていること

その人たちは、食べ飲みしないで20年以上もどうやって

生きているのか

答えは、プラーナ(氣)を食べて(体にとりいれている)いるらしい。

私たちも、食べ物を食べているのだが、実は食べ物の

エネルギーを食べて生きているのだ。

だから、不食の人は実質の食べ物を食べずとも

空気中や宇宙空間のプラーナを食べていれば生きられる

ということ。むしろ、より元気に、生き生きと。

これを読んで、いよいよ、でんちゃん、行っちまいおったと

引かれた方いると思います。

私が、衝撃的だった自分への気づきは、食べないと飲まないと

生きられないという固定観念、思い込みがあったということ。

自分には、沢山の思い込みがあって、今現在もこれも思い込み

だったかーと外す作業を続けている。

やりたいのに、できない、やれない理由は、やれないという

思い込み、固定観念があるからで、それを外さないとできないし、

外せばすぐにできるということが分かった。

私はそれから一日一食にしてみることにした。

ただ、一食にするのではなく、呼吸や瞑想で整え、意識にできる

を落とし込むということが大切ということだが、結構、痩せちゃっ

たので、自分はまだ時じゃないな、と思い今は1日1.5食くらいの生

活を4年くらい続けている。

食事を減らしたら、体調が良い。自分も含め、みんな食べすぎなのだ。

私の髪を切ってくれる人は、6年前出会った当時、意識の勉強をしていた。

意識に落とし込めば何でもできる。意識に落とし込めば病気も

治るということだ。

会ったときは、それで治ったら、世の中みんな健康だ、くらいに

思ったが今ならよくわかる。

意識に落とし込めば、できる。落とし込まないとできない。

意識の勉強の最終テストは、割りばしを名刺1枚で3回連続で

割る事らしい。

小学1年くらいを境に結果が大きく変わるという。

1年くらいまでは「できるよ」と言って簡単に割るらしい。

1年を超えると割れる人と割れない人に分かれ、大人はほとんどの

人が割れない。なぜかというと、固い割りばしを紙の名刺ではわれ

ないという思い込みがあるからという

生まれたての子供は、エネルギー全開で可能性しかなく、そのまま

で十分生きる力に満たされている。

大人が本来すべきことは、社会常識や固定観念を必死で刷り込むこ

とではなく、刷り込まないようにエネルギー全開のまま成長させる

ことなのかもしれない。余計な手出しをせず、ありのままに育てる。

これが本当に難しい。

上の子が、小1の時、横浜の絵の作品展で賞をとり、横浜港で表彰

され、5000円の図書カードをもらった。

その次の年も応募することになり、上の子は、次は一番いい賞

とって1万円の図書カードもらうと宣言したので、

いや~、2年連続入賞は難しいでしょ、ましてや、一番

いい賞なんてー、と言いかけながら、

そうだね、とれると思えばきっととれるよ、と言った

上の子は、宣言通り一番いい賞をとった。

びっくりした。まさか、2年連続、しかも一番いい賞とは。

ちなみにこれは、息子自慢ではない。というのは、彼は

特別絵が上手い訳ではなく、技術的には極普通の少年なのだ。

去年の3月、上の子はyou tubeデビューをした。

年内に1000人登録目指すと宣言したので、

またも、それは難しいと思うよーと言いかけながら、

そうだね、やれると思ったらやれるんじゃん、と答えた。

すると10カ月後、彼のチャンネルは1230人の登録者を刻んでいた

ちなみに、これも彼の学校は少人数の学校で、学校にも

公表しておらず、親も沢山知り合いがいるわけではない。

自分で獲得した会ったことも見たこともない登録者の数なのだ。

私に1000人登録者数を作れるだろうか。多分無理だと思う。

もし、私が自分の固定観念でやる気を損なわせたり、

挫折感を味わわないように先回りなんかをしたら

2つとも起きない事実だったと思う

私はこの時、子供に教えることってないんだなーと思った。

何かあった時の対応と謝罪、必要な場所と費用の提供をしてれば

いいんだ、と。先回りして何か言うのは自分の為なんだと思った。

今まで、数多くの私の固定観念で色々な可能性をつぶしてきたのだ

そう気づくと申し訳ない気持ちだが、今後はなるべく

口を挟まないように行きたいものだ

災害時や世界がどうしようもない状況になった時

まだ、全然やれていないけど、これが一つの乗り越える

ヒントになった。

瞑想や呼吸を通して、心がものすごい動揺する状況が目の前に

起きたとしても、それを平静に受け止め、どうすべきか肚が

教えてくれる。

そして、意識に完全に落とし込めれば、食べることからも、

酸素の薄い状況からも解放され、自然界の氣を受け取って

生きていくことができる

この世界は素晴らしくて、感謝しかないということ。

作成者: migu.johno7070@gmail.com

4月から、静岡県のウッドハウスおろくぼの管理人、料理を担当しましたが、色々あり、3ヶ月ちょっとで卒業。管理人の手伝いをしながら、また、看護師で働いてます。丹田を意識した呼吸をすることがやっぱり1番大事だな、と思う日々。生活の支出を見直し続け、お金のかからない暮らしを追求中。自分で必要な分だけ稼ぐ生業作りの旅に出てます。音楽、漫画、米粉パン作りが好きです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA