やりたくないことで死なない

山に移住して、すごく思うことはよく都会で生きてきたな、ということ。正常な思考なんて働かないよなと心底思う。情報量が多過ぎる。半端ないんだよね。視覚的にも、聴覚的にも刺激しかない。最近、凄い変化してる、とか進化してるって言ってもらえるけど、多分、都会にいたらやろうやろうと思って、一生やらないで終わることが、流れで何かやろうと迷わず始めて、進められているからだと思う。都会にいると自分のことなのに、全てが物理的にも、時間軸的にも遠い場所の話になってしまうのは何故なんだろう?ここにいるとはっきりしてくる。自分がやりたいこと、というかやりたくないことが特にはっきりしてくる。前は、何となくいつかやってみたい事項の数々がある中で、その事項を時々目の前に出して考えてるだけで、実際の自分は、できなくもないけどできればやりたくないことと、やりたくないけどやる人がいないからやっていること、家族や生活、周囲の人のためという色んな自分軸外の事項の数々をこなす毎日。

最近、読んだ本に5秒考えて迷う場合は断われと書いてあった。少し考えるのは、本当はやりたくないけど、やろうと思えば多少のストレスはあるができるということ。大切なのは、できるかできないかより、やりたいかやりたくないか、楽しいか楽しくないかなのにね。色んな理由を引き出して迷うのだ。でも、家族や子供、生活、仕事仲間、一切の迷う理由を全部抜きにしたとして、これ、やりたい?やりたくない?楽しい?楽しくない?と問うてみる。そこででてくる答えが実は真実であり、本来のあるべき道、あるべき姿なのだと思う。それを、後ろに回していると病気になったり、流れなくなったり、上手くいかなくなったりするものだ。自分を中心に物事を決めるのは自己中心すぎやしないか?と思いがちだけど、実は違っててそれが、遠回りになったり判断を誤る原因になるのだと思う。自己中心なのではなく、自分軸に合わせているだけなのだ。自分が本当にやりたいことを考え、どうあるべきかを見つめ、その道を選択すると、宇宙の流れに乗れて、いい方に流れていくものなんだと思う。自分の頭で考えて、子供のために仕方ないここで働こうとか、誰もやる人がいないので私がするしかないと続けていると宇宙の流れに乗れないから、必ず滞ったりほころびができるのだ。

で、やっぱり自分を見つめるのは自然の中に限る。研ぎ澄まされる。迷わなくなる。だから、人は迷うと1人で、静かな自然の中に行くのだろう。なので、そういう自然の中に住むと迷わなくなるのは当然なのかもしれない。

私は、これまで、ま、今もまだ残ってるが、特別好きではないけど私がやらないと誰もやる人がいないこと、気が進まないけどやれないこともないからやっていること、引き受けたはいいが、終わるまで悶々としながらやっていることたちに多くの大切な時間を費やしていた。実に勿体ない。本当に勿体ない。こんな生き方、死に際にあーすればよかった、こーすればよかった、あなたがいたから諦めた、こっちが優先されたからしなかったなどと思うに違いない。頭に本当はこれがしたかったんだけど、と添えて。自分やみんなが言うだろう。すりゃいいじゃん、本当にやりたいならすりゃいいじゃんってさ。で、言うんだ。そう、自分のことばかり言ってられなかったのよ、と。

本当にそうなのか。多少はあるかもしれない。いや、ない。今、そういう場面に直面してたらやってみてほしい。言ってみてほしい。やりたいことだけやる、か、やりたくないことはやらないと、声に出して。

やりたいことだけをやる、やりたくないことはやらない、このどちらかの方法をとらないと、前述した数々の事項に時間を費やすことに必ずなる。やりたいことを見つけるのが少し難しいなら、やりたくないことをやらなければいい。人はやりたくないことだけははっきりしている生き物だから。

最近、よく読む本に年収90万円でハッピーライフという本がある。この人は、週2日介護の仕事をする週休5日の隠居生活を25歳からしている。収入は月8万円、だいたい7万5千円で生活している。東京で家賃は2万8千円、1Rロフト付きバストイレ別付き。食事は、玄米菜食、全て自炊でメニューはだいたいきまったもの。たまに友人と外食。物の定数を決め、自分の生活をよく考え、吟味して選んでいる。少ないものの所有なのでさまざまなストレスがない。趣味は読書(図書館)と散歩。お金が全くかからず、心と体が必ずや豊かになる趣味。食材も散歩しながら、無農薬の無人野菜を買い、野草をとって食べている。お金はないが玄米は無農薬にし、少ない分それなりのいい材料を買ったりしていると。そして、募金したり、友達にプレゼントやお歳暮までする。お金がないから、寄付しないは言い訳できなくなる。豊か以外の何物でもない。

やりたいことで生きるという目標を掲げる人も多いが、この人は、やりたくないことで死なない、だ。刺さる、刺さるよ。やりたくないことばかりをしてきた自分よ。そして、何度、心と体を壊しかけたか。世の中、自殺しちゃう人だっているし。楽になるよー、楽になろうよー。学校に行かなきゃいけなくない、就職しなきゃいけなくない、結婚しなきゃいけなくない、子供ができなきゃいけなくない、家、車、見栄え、世間体、みんながこうしてるから、うちだけ違う、同調圧力、、、

こうじゃなきゃいけないことなんてないんだね。月8万円で都会で健康に幸せに暮らせるんだね、8万円だから税金もないし、玄米菜食、適度な運動、ストレスフリーで、読書で知識と見聞豊かになっちゃってるから、本当に元気で豊か。何かあっても、8万円でいいなら、少し働けばいいもんね。今は少ないけど前の私なんて、家、車、保険、税金などなど、固定費だけでも支出半端ないのに、加えて食費や生活費だもん。災害考えたら不安しかないよ。今は生活コンパクトにしてるから、身軽。収入上げることばかり考えてたけど、まずは支出をコンパクトにをおすすめします。ストレスかなり減るから。

年収90万円でハッピーライフ (ちくま文庫 おー72-1) [ 大原 扁理 ]
価格:814円(税込、送料無料) (2021/7/24時点)

隠居生活10年目 不安は9割捨てました [ 大原 扁理 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/7/24時点)

思い立ったら隠居 週休5日の快適生活【電子書籍】[ 大原扁理 ]
価格:715円 (2021/7/24時点)

20代で隠居 週休5日の快適生活 [ 大原 扁理 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/7/24時点)

なるべく働きたくない人のためのお金の話 [ 大原扁理 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/7/24時点)

いま、台湾で隠居してます [ 大原 扁理 ]
価格:1540円(税込、送料無料)

(2021/7/24時点)

作成者: migu.johno7070@gmail.com

4月から、静岡県のウッドハウスおろくぼの管理人、料理を担当しましたが、色々あり、3ヶ月ちょっとで卒業。管理人の手伝いをしながら、また、看護師で働いてます。丹田を意識した呼吸をすることがやっぱり1番大事だな、と思う日々。生活の支出を見直し続け、お金のかからない暮らしを追求中。自分で必要な分だけ稼ぐ生業作りの旅に出てます。音楽、漫画、米粉パン作りが好きです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA